ウサギとは

[PR] 男性に元気を。今ネットで売れている精力剤をランキング形式でまとめています!

ウサギの形態


多くのウサギには肉球が無く、足の裏には毛が生えている。ただし肉球のある品種もある。 最大種はヤブノウサギで体長50-76cm。多くの種は全身が柔らかい体毛で覆われる。多くの種は体毛の色彩が背面は褐色や灰色、白などで、腹面は淡褐色や白。 眼は大型で、夜間や薄明薄暮時の活動に適している。歯列が門歯が上顎4本、下顎2本、小臼歯が上顎6本、下顎4本、大臼歯が上下6本の計28本の歯を持つ。四肢は長い種が多く、素早く跳躍する事に適している。前肢の指の数は5、後肢の趾の数は4で指趾には爪が発達する。指趾の裏側は体毛で覆われ、跳躍する際に衝撃を和らげる働きがあると考えられている。

ウサギの利用


ネザーランドドワーフ 短毛で小型のウサギ。好奇心が強く活発で、人にあまり馴れないタイプと友好的なタイプがある。かわいらしい仕草と活発に動く姿に惚れ込む人が多く、日本ではもっとも人気のある品種である。 一般的には「ピーターラビットのモデル」と言われているが、実際は絵柄のみのモデルであり、ストーリーにおけるモデルは野生のアナウサギである。また、ペットショップ等で「ネザーランド」「ピーターラビット」等の品種として売られているウサギは、ほとんどがこのネザーランドドワーフの雑種である。 ロップイヤー(主な品種:アメリカンファジー、ホーランド、イングリッシュ) 耳が非常に大きく垂れているのが特徴で、「イングリッシュ」のように、本来は中型のウサギであるが、人為的に品種改良された「ホーランド」や長毛種の「アメリカンファジー」のように小型になっているものが多い。他の品種と比べて顔が丸く愛嬌があり、性格は非常におとなしく、人にもよくなつくので、ペットとしては人気が高い。 ドワーフホト 目の周りに特徴のあるきれいなアイラインをもつ小型のウサギ。ネザーランドドワーフが元になっている、性格もネザーランドドワーフに近いが、原産地は西欧でアジアでは珍しい種類。 レッキス(ミニレッキス) 短毛種だが毛の密度が濃く、毛皮の質が非常によいために毛皮にも使われる中型のウサギ。性格は穏やかで人なつっこいので、人とも一緒に遊ぶ。小型に品種改良されたものは「ミニレッキス」と呼ばれている。 アンゴラ 本来は毛を利用するために生み出された長毛種。非常におとなしい性格で我慢強く、人形のように動かない個体が多い。日本アンゴラ種は(独)家畜改良センター長野牧場において家畜遺伝資源の維持を目的として飼育されている[1]。 ジャージーウーリー 小型の長毛種でおとなしい性格なので、ペットとしては非常に飼いやすい。 ジャパニーズホワイト 日本白色とも呼ばれ、日本で古くから飼われていた中型の品種。日本では実験用として最も多く利用される。アルビノと呼ばれる色素欠乏症の目の赤い個体が多い。日本人の紅白信仰?も手伝いウサギのイメージとして白い体に赤い目が一般的と思われていることが多い。個体によっては高価。日本白色種(大型,中型,小型)は(独)家畜改良センター長野牧場において家畜遺伝資源の維持を目的として飼育されている[1]。 フレミッシュジャイアント ヘアを原種としてを品種改良された。ウサギの中では非常に大きなサイズの品種で、人形のようにおとなしい。大きな体に加え、最大7〜8キロ近くまで体重が増える。 同様の大型種としては、本来食肉用に作られた「ニュージーランド」、大型でも活発な性格の「チェッカードジャイアント」、ノウサギの性格を残した頭のよい「ベルジャンヘア」等がある。 ヒマラヤン 目は赤く、前足後足の先、耳、鼻、尻尾が黒色、他の所は全身白色。体重、約1.5〜2kgでヒマラヤ地方(アジア)原産でイギリスでペット用に改良。 ほかにも様々な改良品種がある。国内で一般的にミニウサギとして流通しているものは、ブリーダー、ペットショップ売り易い為付けた名前で所謂雑種が大半である。


[PR]  おまとめ 銀行 妊娠したい 更年期障害 ハイドロキノン 効果 カードローン 主婦 加齢臭 予防 セルライト除去 早漏 プラセンタ メタトレーダー



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』